2011年01月31日

結婚式のBGM

結婚式にあたっては、準備しなければならないものがたくさんありますが、BGMもその一つ。BGMは場を盛り上げるものですから、チョイスによって、結婚式の雰囲気も随分変わってきます。結婚式のBGM選びは慎重に行いたいものです。


結婚式のBGMは、基本的には新郎・新婦が好きに選べばいいもの。逆に式場側や音響業者に「お任せ」だと、流行の歌謡曲や宮崎アニメの音楽などを使われてしまうようです。もちろん彼らはプロですし、こうした曲自体は決して悪いものではありませんが、結婚式のそれぞれのシーンに対して抱くイメージは人によってさまざまですから、どうせなら自分のイメージにぴったりのBGMを選びたいですね。


結婚式のBGMは1曲だけでいいというものではありません。入場やウェディングケーキ入刀、キャンドルサービスなど、いくつかのプロセスがあり、それぞれにふさわしいBGMが必要になります。


結婚式は人生最大のセレモニー。どうぞ結婚式を美しい思い出にするようなBGM選びをしてください。





アダルト出会い





[関連ワード]
離婚 親権 問題|フライデー 斉藤 和巳 離婚|離婚 無効 訴訟|
posted by myko at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

年賀状で結婚の報告をする際の配慮

年賀状には、日頃お世話になっている人と新年の喜びを共有するという意味合いのほかに、自分の近況を報告するという意味合いもあります。


年賀状で結婚などの慶事の報告をするのもその一つ。もちろん親しい人なら、わざわざ年賀状で報告などするまでもなく、既に結婚の事実はわかっているでしょうが、年賀状での結婚の報告には、結婚式の後の夫婦の様子を伝えるという意味もあります。よって、年賀状で結婚の報告をする際は、決まりきった挨拶のほかに、「結婚式の際はお世話になりました。おかげさまでわたしたちは今もこのように仲良く幸せに暮らしています」といった旨を盛り込むといいでしょう。


年賀状で結婚の報告をする際、中には年賀状によって初めて結婚の事実を伝えることになる相手もいるでしょう。中には「どうして今まで教えてくれなかったの」という感情を抱く人もいるかもしれませんね。年賀状で結婚の報告をする際は、相手による配慮も忘れず、幾通りかの文面を考えておきたいものです。





アダルト出会い





[関連ワード]
北九州 離婚 カウンセラー|離婚 届け 証人|離婚 裁判|
posted by myko at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月11日

年賀状での結婚の報告

年賀状は新年の挨拶の定番。特にお世話になった人には、年賀状を出しておきたいものです。


年賀状の内容としては、「あけましておめでとうございます」といった、基本的な挨拶のほかに、前年その家にあった慶事について触れることも大切なこと。ことに年賀状による結婚の報告は、それを知っている人はもちろん、結婚式に招待していない「付かず離れず」のような関係の人にとっても微笑ましいものです。


年賀状での結婚の報告は、新郎新婦の写真入り年賀状という形を取ることも多いです。ただしその場合、どんな写真を選ぶのかということが大切。年賀状での結婚の報告には、夫婦の仲の良さをアピールするような写真を選びたいところです。


とはいえ、年賀状での結婚の報告に、必要以上にベタベタしている写真を選ぶと、かえって下品・嫌味といったマイナスの感情を相手に与えてしまいますので、そこは注意したいものです。


年賀状での結婚の報告をする際は、日ごろお世話になっている人に対する感謝と「おかげさまでわたしたちは仲良く幸せに暮らしております」といったことをアピールするといいでしょう。



[関連ワード]
離婚 件数 2006|堀 ちえみ 離婚|大沢 たかお 離婚|
posted by myko at 00:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

結婚式と人間関係

結婚式は晴れの日であり、特に当事者や親族にとってはおめでたいもの。しかしその結婚式も、誰を招待するのかによって、台無しになることだってあるのです。


結婚は人生のおける数少ない大きなセレモニー。それだけに、それまで気にもとめなかったことが明るみに出たりすることも少なくありません。人間関係もその一つで、結婚が決まったとたんに、思いもかけない人の反対や妨害に遭ったりすることも少なくありません。


結婚式を挙げるにあたっては、親族や関係者全員に祝福してもらえることが理想ですが、人間関係によってはそうもいかないことも。例えば新郎もしくは新婦に片想いしている人を結婚式に呼ぶのは、呼ばれるほうにとっても残酷ですし、新郎もしくは新婦にとっても、その事実に気づいた場合、決して愉快なものではありません。


とはいえ、その結婚に対してあまりいい感情を抱いていない人をいっさい招待しないというのも、今後の人間関係において影を落とします――難しいところですね。


結婚式を挙げるにあたって、人間関係の悩みが浮上してきた場合は、今後その人とどのようなお付き合いをしてゆくのかを考慮した上で、可能ならば信頼できる人たちに相談しながら、式に招待するか否か、慎重に考えたいものです。



[関連ワード]
徒然 離婚 日記|協議 離婚 慰謝料|離婚 後 子供|
posted by myko at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。