2011年04月26日

結婚記念日のプレゼント

結婚記念日は、二人が結婚式を挙げた日を、二人だけの記念日として定めたもの。


結婚記念日は毎年祝っても良いものですし、事実毎年祝っている夫婦も多いようです。結婚記念日には年数を重ねるごとに、それにふさわしい名前が付いていますが(国などによって違いあり)、日本で特に一般的かつ盛大に祝われるのは「銀婚式(25周年)」と「金婚式(50周年)」。結婚生活もこれだけ長くなると、多くの場合、子供や孫もいますから、普段の結婚記念日とは違い、二人だけでなく、家族勢ぞろいで結婚記念日を祝うことも少なくありません。


日本の場合、金婚式や銀婚式のときは、夫もしくは子供や孫が、妻・母・祖母である女性に高価な贈りものをするケースが多いようです。このときのプレゼントは、基本的にはその女性が喜ぶものを贈るといいでしょう。




アダルト出会い





[関連ワード]
離婚 強い 弁護士|離婚 子供 置いて|京都 離婚 カウンセラー|
posted by myko at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

結婚記念日とは

結婚記念日は、文字通り、結婚式を行った日を記念日として扱ったもの。


結婚記念日は誕生日同様、個人的なものですから、多くの場合は当事者の間で祝うようです。でも、結婚生活も長くなってきて、「銀婚式(25周年)」「金婚式(50周年)」「ダイヤモンド婚式(60周年)」「プラチナ婚式(70周年)」といったような切りの良い年数になると、子供や孫、親族などを交えて少々盛大に結婚記念日を祝うことも少なくありません。


結婚記念日は、日本では「銀婚式」「金婚式」といった、区切りの良い年数を祝うものが有名ですが、例えばイギリスなどではもっと細かく設定されていて、「紙婚式(1周年)」「木婚式(5周年)」「アルミ婚式(10周年)」「水晶婚式(15周年)」「磁器婚式(20周年)」などといったものがあります(他のバリエーションもあり)。


結婚記念日は、二人が積み重ねてきた年月を祝うもの。せっかく縁あって一緒になったのですから、できるだけたくさん結婚記念日を祝いたいものですね。





アダルト出会い





[関連ワード]
国際 離婚 弁護士|工藤 静香 木村 拓哉 離婚|離婚 再婚|
posted by myko at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

結婚式の挨拶

結婚式の挨拶を頼まれたら、よほど慣れている人でない限り、困ってしまいますね。結婚式の挨拶の際は、どういうことに気を配ればいいのでしょうか。


結婚式の挨拶自体は、自分が新郎新婦とどんな関係であったとしても、基本的な構成自体は同じなので、それほど気に病むことはありません。「お祝いの言葉」「新郎新婦と自分との関係」「新郎新婦にまつわるエピソードと、自分の彼らへの思い」「締めのお祝いの言葉」といった流れで内容を組み立てればいいでしょう。


結婚式の挨拶で一番大切なのは、新郎新婦の幸福を願う自分の思いをいかに表明するかということ。もっとも、結婚式の挨拶を頼まれるくらいですから、あなたは新郎あるいは新婦とは、それなりに親しいはず。あれこれ考えずに、素直に新郎新婦との思い出と、その話にからめたあなたの彼らへの好意や敬意を語ればいいのです。


結婚式の挨拶は、400字詰め原稿用紙で2〜3枚程度(3分程度)がちょうど良いとされています。忌み言葉などのタブーを犯さないためにも、挨拶の際は原稿を見ながらのほうがいいでしょう。





アダルト出会い





[関連ワード]
斉藤 和巳 ソフトバンク 離婚|野茂 英雄 結婚 離婚|協議 離婚 慰謝料|
posted by myko at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

結婚式の挨拶の構成

結婚式の挨拶(スピーチ)を頼まれたら――みんながみんな、人前で話をするのが得意なわけではありませんから、結婚式の挨拶なんか頼まれた日には、頭を抱えてしまう人も少なくないのではないでしょうか?


結婚式の挨拶を頼まれるくらいですから、あなたはきっと新郎や新婦とはそれなりに親しい間柄なのでしょう。しかし、その関係が何であったとしても、結婚式の挨拶の基本的な構成は変わりませんので、あまりあれこれ悩む必要はありません。


結婚式の挨拶では、


(1)お祝いの言葉。

(2)新郎もしくは新婦と自分との間柄を簡単に説明。

(3)新郎もしくは新婦に関する、自分の知るポジティブなエピソード(「一緒に旅行に行った」「仕事上でこんなことがあった」など、できれば二人と共通の話題が好ましい)。

(4)(3)の話の結論として、自分の二人への思い。

(5)締めとして、再び二人にお祝いの言葉を贈る。


といったところでしょうか。特に(3)(4)に関しては、新郎や新婦の人柄の良さと、それに対する自分の相手への好意や敬意が皆に表明できるようなエピソードを選びたいですね。忌み言葉や下品な話、政治・宗教の話さえ避ければ、あとは何を選んでもいいでしょう。




エッチ出会い





[関連ワード]
男性 離婚 準備|離婚 拒む 竹内 結子|国際 結婚 離婚 手続|
posted by myko at 00:15| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。