2012年02月26日

結婚式と人間関係

結婚式は晴れの日であり、特に当事者や親族にとってはおめでたいもの。しかしその結婚式も、誰を招待するのかによって、台無しになることだってあるのです。


結婚は人生のおける数少ない大きなセレモニー。それだけに、それまで気にもとめなかったことが明るみに出たりすることも少なくありません。人間関係もその一つで、結婚が決まったとたんに、思いもかけない人の反対や妨害に遭ったりすることも少なくありません。


結婚式を挙げるにあたっては、親族や関係者全員に祝福してもらえることが理想ですが、人間関係によってはそうもいかないことも。例えば新郎もしくは新婦に片想いしている人を結婚式に呼ぶのは、呼ばれるほうにとっても残酷ですし、新郎もしくは新婦にとっても、その事実に気づいた場合、決して愉快なものではありません。


とはいえ、その結婚に対してあまりいい感情を抱いていない人をいっさい招待しないというのも、今後の人間関係において影を落とします――難しいところですね。


結婚式を挙げるにあたって、人間関係の悩みが浮上してきた場合は、今後その人とどのようなお付き合いをしてゆくのかを考慮した上で、可能ならば信頼できる人たちに相談しながら、式に招待するか否か、慎重に考えたいものです。



[関連ワード]
成田 離婚 あらすじ|僕 家裁 調査官 離婚 非行 遺産 相続|離婚 件数 厚生 労働 省|
posted by myko at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

結婚記念日のプレゼント

結婚記念日は、二人が結婚式を挙げた日を、二人だけの記念日として定めたもの。


結婚記念日は毎年祝っても良いものですし、事実毎年祝っている夫婦も多いようです。結婚記念日には年数を重ねるごとに、それにふさわしい名前が付いていますが(国などによって違いあり)、日本で特に一般的かつ盛大に祝われるのは「銀婚式(25周年)」と「金婚式(50周年)」。結婚生活もこれだけ長くなると、多くの場合、子供や孫もいますから、普段の結婚記念日とは違い、二人だけでなく、家族勢ぞろいで結婚記念日を祝うことも少なくありません。


日本の場合、金婚式や銀婚式のときは、夫もしくは子供や孫が、妻・母・祖母である女性に高価な贈りものをするケースが多いようです。このときのプレゼントは、基本的にはその女性が喜ぶものを贈るといいでしょう。




アダルト出会い





[関連ワード]
離婚 届 手続|離婚 後 結婚|結婚 期間 離婚|
posted by myko at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。