2010年11月01日

結婚式の挨拶

結婚式の挨拶を頼まれたら、よほど慣れている人でない限り、困ってしまいますね。結婚式の挨拶の際は、どういうことに気を配ればいいのでしょうか。


結婚式の挨拶自体は、自分が新郎新婦とどんな関係であったとしても、基本的な構成自体は同じなので、それほど気に病むことはありません。「お祝いの言葉」「新郎新婦と自分との関係」「新郎新婦にまつわるエピソードと、自分の彼らへの思い」「締めのお祝いの言葉」といった流れで内容を組み立てればいいでしょう。


結婚式の挨拶で一番大切なのは、新郎新婦の幸福を願う自分の思いをいかに表明するかということ。もっとも、結婚式の挨拶を頼まれるくらいですから、あなたは新郎あるいは新婦とは、それなりに親しいはず。あれこれ考えずに、素直に新郎新婦との思い出と、その話にからめたあなたの彼らへの好意や敬意を語ればいいのです。


結婚式の挨拶は、400字詰め原稿用紙で2〜3枚程度(3分程度)がちょうど良いとされています。忌み言葉などのタブーを犯さないためにも、挨拶の際は原稿を見ながらのほうがいいでしょう。



[関連ワード]
離婚 後 子供 戸籍|離婚 弁護士 費用|sm 離婚 日記|
posted by myko at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/167853823

この記事へのトラックバック