2010年11月26日

年賀状で結婚の報告をする際の配慮

年賀状には、日頃お世話になっている人と新年の喜びを共有するという意味合いのほかに、自分の近況を報告するという意味合いもあります。


年賀状で結婚などの慶事の報告をするのもその一つ。もちろん親しい人なら、わざわざ年賀状で報告などするまでもなく、既に結婚の事実はわかっているでしょうが、年賀状での結婚の報告には、結婚式の後の夫婦の様子を伝えるという意味もあります。よって、年賀状で結婚の報告をする際は、決まりきった挨拶のほかに、「結婚式の際はお世話になりました。おかげさまでわたしたちは今もこのように仲良く幸せに暮らしています」といった旨を盛り込むといいでしょう。


年賀状で結婚の報告をする際、中には年賀状によって初めて結婚の事実を伝えることになる相手もいるでしょう。中には「どうして今まで教えてくれなかったの」という感情を抱く人もいるかもしれませんね。年賀状で結婚の報告をする際は、相手による配慮も忘れず、幾通りかの文面を考えておきたいものです。



[関連ワード]
協議 離婚 慰謝料 相場|離婚 問題 相談|ブリトニー スピアーズ 離婚|
posted by myko at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170694848

この記事へのトラックバック