2011年04月21日

結婚記念日とは

結婚記念日は、文字通り、結婚式を行った日を記念日として扱ったもの。


結婚記念日は誕生日同様、個人的なものですから、多くの場合は当事者の間で祝うようです。でも、結婚生活も長くなってきて、「銀婚式(25周年)」「金婚式(50周年)」「ダイヤモンド婚式(60周年)」「プラチナ婚式(70周年)」といったような切りの良い年数になると、子供や孫、親族などを交えて少々盛大に結婚記念日を祝うことも少なくありません。


結婚記念日は、日本では「銀婚式」「金婚式」といった、区切りの良い年数を祝うものが有名ですが、例えばイギリスなどではもっと細かく設定されていて、「紙婚式(1周年)」「木婚式(5周年)」「アルミ婚式(10周年)」「水晶婚式(15周年)」「磁器婚式(20周年)」などといったものがあります(他のバリエーションもあり)。


結婚記念日は、二人が積み重ねてきた年月を祝うもの。せっかく縁あって一緒になったのですから、できるだけたくさん結婚記念日を祝いたいものですね。





アダルト出会い





[関連ワード]
国際 離婚 弁護士|工藤 静香 木村 拓哉 離婚|離婚 再婚|
posted by myko at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック