2011年10月11日

結婚式の挨拶の構成

結婚式の挨拶(スピーチ)を頼まれたら――みんながみんな、人前で話をするのが得意なわけではありませんから、結婚式の挨拶なんか頼まれた日には、頭を抱えてしまう人も少なくないのではないでしょうか?


結婚式の挨拶を頼まれるくらいですから、あなたはきっと新郎や新婦とはそれなりに親しい間柄なのでしょう。しかし、その関係が何であったとしても、結婚式の挨拶の基本的な構成は変わりませんので、あまりあれこれ悩む必要はありません。


結婚式の挨拶では、


(1)お祝いの言葉。

(2)新郎もしくは新婦と自分との間柄を簡単に説明。

(3)新郎もしくは新婦に関する、自分の知るポジティブなエピソード(「一緒に旅行に行った」「仕事上でこんなことがあった」など、できれば二人と共通の話題が好ましい)。

(4)(3)の話の結論として、自分の二人への思い。

(5)締めとして、再び二人にお祝いの言葉を贈る。


といったところでしょうか。特に(3)(4)に関しては、新郎や新婦の人柄の良さと、それに対する自分の相手への好意や敬意が皆に表明できるようなエピソードを選びたいですね。忌み言葉や下品な話、政治・宗教の話さえ避ければ、あとは何を選んでもいいでしょう。




アダルト出会い





[関連ワード]
本人 訴訟 離婚|浮気 離婚 慰謝料|離婚 子供 親権|
posted by myko at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック